水専門硬水と軟水の定義 水専門.com

水の基礎知識

ミネラルウォーター

水道水

加工水

水と美容

水のコラム

硬水と軟水の定義

硬水・軟水とは

水にはマグネシウム、カルシウムなどが含まれています。これらのミネラルが多く含まれているものは味、舌触りなどがあり、硬水と定義されています。特に海外のミネラルウォーターに硬水が見られます。
軟水は逆で、ミネラル分が少なく、まろやかです。日本のミネラルウォーターのほとんどが軟水で、私達が水の味として認識しているのが軟水なのではないでしょうか。

硬水はミネラル分が多く、軟水は少ないと考えてもらえればよいでしょう。

硬度の計算式と基準

ミネラルウォーターに含まれるミネラルの量を硬度と言います。硬度によって硬水か軟水かに分けられます。硬度は以下の計算式で求められます。

硬度=カルシウム/L×2.5 + マグネシウム/L×4.1

この公式で出た数字によって軟水か硬水化に分けられます。

硬度120ml未満の場合は軟水、硬度120ml以上の場合は硬水となります。
硬度120ml前後の水は中硬水とも呼ばれています。

硬度に差がある理由

日本のミネラルウォーターは一般的に軟水が多いです。
そもそも硬度が高くミネラルが豊富に含まれるのは、地中に染みこんで湧き出るまでのろ過の過程で成分が添加されていくからなのです。

地層にミネラルが多く含まれている場合は硬水として湧き出てきます。日本は面積が狭く、長期間地層に浸透する時間が短いため必然的に硬度が低くなってしまいます。

ヨーロッパでは大きな大陸でゆっくりとミネラルが添加されながらろ過されていくため硬度が高くなります。