水専門水の飲み過ぎでむくむ原因 水専門.com

水の基礎知識

ミネラルウォーター

水道水

加工水

水と美容

水のコラム

水の飲み過ぎでむくむ原因

体が水分摂取に適応できなくなっている

水を飲んでむくんでしまう人は、体の血液の循環が悪くなっている人です。特に毎日水分を意識して飲んでいないため、体は水分不足であることが多いのも特徴です。

水分が足りないと汗が出にくくなったり排尿の回数が減ったりします。これは体内の水分をできるだけ外に出さないようにする作用だと言われています。
これは同時に老廃物が外に出なくなっている証拠で、体が不要な水分を外にだそうとしなくなっていて、さらに体内の水分循環能力が十分に働かなくなっていることなのです。

なぜ水を飲むとむくむのか

こんな状態で水を飲めば体は水分循環能力が低下しているため、効率よく体に吸収されず、さらに外に水を出す能力も低下してしまうので水風船のように体に水が溜まったままむくみとして現れるのです。

むくまないようにする方法

水を飲んで寝たら朝起きたときに顔がむくんでいた、ということを防ぐためにも日々水分摂取を心がけましょう。ただしむやみに大量に飲んでもあまり効果が期待できないので、効率良く水分摂取してむくみ知らずになりましょう!

寝る2時間前にコップ1杯の水を飲みましょう。睡眠中の発汗対策と飽きた時の水分不足を避けるためです。

起床したら常温の水をコップ一杯飲みましょう。睡眠中に失った水分補給の意味が強いですが、それと同時に胃腸の働きを活発化することができます。